第1位 伸芽会

  • 小学校受験なら伸芽会なら志望校にあった指導が出来ます

  • 小学校受験なら伸芽会なら志望校にあった指導が出来ます

  • 創造性を伸ばす事を大切にして、小学校受験の事なら伸芽会へ

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

60年と歴史ある伸芽会なら子ども達のことを第一に考えているので、嫌がることなくごく自然に様々なことを学べます。小学校受験...
小学校や幼稚園受験を考えているのであれば、伸芽会に行くべきです。ここでは、小さい子供の基礎的な能力を伸ばすだけでなく、応...
伸芽会は有名私立小学校や幼稚園の受験のパイオニアです。子供の創造性を豊かに伸ばす学習方法はお子様にも親御さまにもとても定...

小学校受験のパイオニアだからできることがあります

伸芽会は小学校受験のパイオニアです。パイオニアだからできることがあります。独自の教育スタイルを是非体験してください。

第2位 理英会

  • 実験を授業に取り入れた体験型授業を行っている理英会

  • 短期間で成績を上げて弱点を克服してくれます

  • 理英会で子どもが成長できる理由と人気の理由

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

理英会に対するみんなの口コミ

理英会は合格者数が16年連続でNO1の信頼できるサイトです。小学校受験に安定した実績を残しており、東京、神奈川、関西で有...
理英会は、16年連続で神奈川県で最も多くの合格者を出している塾です。カリキュラムや教材にこだわっているだけでなく、個人面...
理英会に通うことで、小学校受験を成功させることができます。ここでは、楽しみながら問題解決力を伸ばし、やる気の出やすい教材...

お子さまに合うスタイルが見つかります

理英会の独自のカリキュラム、イベントが魅力的です。お子さま一人一人の能力を大切に見極めてしっかりと小学校受験に向けてサポートします。

第3位 こぐま会

  • 独自に開発した教科前基礎教育を行っているこぐま会

  • 子どもの学力を最大限に伸ばしてくれています

  • 学校が求めるものと子供たちの成長をリンクさせるこぐま会

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

こぐま会に対するみんなの口コミ

小学生の息子の成績が伸びずに、頭を悩ませていました。何気にインターネット検索をしていたところ、こぐま会の存在を知りました...
幼稚園受験や小学校受験を行うことによって、子供の将来を順調に進めることができると考えられます。ですが、どうしたら良いか分...
こぐま会といえば、お受験をしない方でも、たとえば書店の児童学習コーナーで、「こぐま会」の知育グッズなどを目にした事がある...

こぐま会の信頼できるKUNOメソッド

小学校受験でおすすめのこぐま会では、KUNOメソッドを用いた授業で私立、国立小学校に数多くの生徒を合格させています。

第4位 ジャック幼児教育研究所

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

心身ともに充実した子供を育てるジャック研究所

誰でもお子さんに対して大切に育て上げたいと思われます。ジャック幼児教育研究所は45年の歴史の中で心身ともに充実したお子さんを育てるのにお手伝い致しています。もちろん、小学校受験に対しても有効です。

第5位 ICE幼児教室

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

小学校受験なら、伸びる力をはぐくむICEへ

小学校受験で大切なのは「自分でできる力」。ICE幼児教室では、幼児教育の専門家である教師がお子様の持つ能力を引き出し、成長してからも大切な「自ら行動する子」へと導きます。

小学校受験と中学校受験の違い

thumbnail01
小学校受験では偏差値の数値によって模試の結果や学校の難易度を表す教室が増えてきました。中学校受験では偏差値が全てです。志望校を決めるにも、合否のバロメーターもすべて偏差値で判断します。小学校の偏差値はあくまで各業者や各教室などが一部の模擬テストの結果などによって便宜上で作りあげています。

数値を使う事によってわかりやすくテスト結果をデータ化したもので目安にしています。小学校の場合には合否の判断や予想はあいまいで不安になってしまうため、不安解消の配慮から小学校でも偏差値が登場しました。中学校受験の場合には偏差値は決定的な意味を持ち、さまざまな判断をする事ができます。中学受験の場合には偏差値によって志望校を決めて受験し、自分の偏差値に合わない場合には合格する事は難しいです。ところが小学校受験の場合には、受験する子供の偏差値と偏差値であらわされた小学校に受験する事は合格することも十分ありえます。

逆に小学校が表した偏差値が十分子供が足りていても合格できない場合もありえます。中学受験は非常に明確で各学校の偏差値は絶対的な数値で表されます。小学校受験は中学受験とほぼ同じと考えていると間違いです。小学校の場合には両親に志望動機や家庭での教育方針などを事前に記入させる学校が多く、親子そろって面接に臨む場合がほとんどです。

小学校受験において最初にすべきこと

thumbnail02
小学校受験を決意したら最初にすべきことは、どの学校にするべきか受験校を絞ることです。情報はそれほど多くありません。やはり実際に足を運んで目で確認することが大切です。必ずオープンキャンパスの機会を逃さず足を運んで校風が自分の子どもに合うか見極めなくてはなりません。

また学校によっては入試に差があります。行動観察や絵画、ペーパーテストなど、その学校により力を入れるべき点が変わってきます。効率良く対策を立てることで、子どもへの負担を最低限に軽減することが出来ます。望校の選抜形式にそった対策を取りつつ、様々な実体験をさせて、場をわきまえられる子どもに育てていくことが合格への近道になります。

また、日頃からの家庭でのしつけが重視されるため、受験に関わらず日常的に意識しておくことが大事です。季節の草花の名称や開花する時期や年中行事などを体験的に知っていくことや、箸の持ち方、洋服の畳み方など生活習慣も大切です。受験対策と並行して日頃から取り組むことは無駄にはなりません。受験を一つの目標とすることで、家庭で意識的にしつけることができ、家族のかかわりも深まります。日ごろから親子で楽しみながら季節や行事を学んだり、本の読み聞かせをしたりすることがおすすめです。そのうえで、入試のために具体的な受験準備に1年ほどかけるといいでしょう。

夏休みの過ごし方

thumbnail03
小学校受験は筆記テストや面接といった事が行われる形式になっていて、特に面接などは試験において重要視される傾向があります。ランキングサイトなどを見ると色々な名前の学校が掲載されているので、学校探しの参考になります。さて、受験は秋ごろに始まることから、夏休みは年長の子どもにとって直前期と考えても良いと言えます。年長の子どもの場合、どのような過ごし方が適切なのかが気になるところです。

列挙されているのは父親と一緒に何かをすること、経験になるようなものに参加することなどです。父親と遊ぶというのは受験において重要なことだとされていて、面接でもそれに関することが訊かれる場合があります。その質問に難なく答えられるようにするためには父親と遊んだ経験が必要です。経験になるようなものには工場へ行くことや農業に触れることなどが挙げられます。面接でかような経験をしたことを言えば評価が上がる可能性が出てきます。

言葉の遣い方や振舞いを再確認することも不可欠であり、子どもに敬語を使えるようにしておけば有利に働きます。子どもに試験問題を解かせるだけではなく、色々な経験をさせたり、多くの人と触れ合う機会を作ったりすることも大切です。

願書の提出について

thumbnail04
小学校受験の願書を提出する時期になりました。受かるも受からないもその日のお子さんのコンディション次第です。一生懸命受験対策してがんばって来たのであれば、その日にベストを尽くせる事が、一番ですが、もしも残念な結果になっても、中学、高校とまだまだ前途にチャンスは沢山あります。でも、お子さんではなく親御さんが失敗したら、とても悔いが残るかも知れません。親もベストを尽くさなければなりません。

幼稚園や小学校受験は、子供もそうですが、その親にとっても受験にしっかり取り組まなければならないと言われます。願書の提出一つにしても、なるべく早くに学校側に届いた方がギリギリの最終日に出す方と比較すると、先方の心象が良いと言われますので、提出日の初日に直接届けたり、あるいは朝イチで郵便ポストに出しましょう。もうすでに受験戦争が幕開けされています。

願書に関しては、家が近ければ直接出しに行く方が、誠意が見られて良いかもしれません。でも、お仕事を持っていらっしゃったり家が遠いと郵送も致し方ありません。絶対ご法度なのは、誰かに届けや郵送を委託する事です。共に受験を目指してきた学友も、冷静に考えればみんながライバルです。万が一、人に頼んで、それをそのまま素直に届けてくれる人ばかりではないかもしれません。最悪のケースですが、最悪の事態は避けなければ、合格には繋がりません。周りを疑う位の慎重さもお受験には大事です。

▲ ページトップへ