普段の生活のコミュニケーション
2016.12.02

subimg01小学校受験をお考えになっている御家庭は、普段の生活の中で親子のコミュニケーションを十分取る事が大切になってきます。もちろんお受験対策として、受験する小学校の過去問などを徹底的に解くなどの、勉強面も大事になってきますが、幼稚園や小学校受験に関しては、まだまだ親の社会的立場や家庭内の円満さなども最重視されます。両親が受験する学校の卒業生だったり、入学後は寄付金や援助金などを行う財力があるかなども、一応チェックされるかも知れません。でも、家庭内が円満で、お子さんにしっかりした学力があれば、それが一番最有力視されます。一番は受験する子供の将来性と人間性、そしてそのバックグラウンドである両親の社会性や常識、人間性などになります。

お受験の対策の一環として、親御さんを含めた面談の練習などを、塾の方でも徹底して行ってくれますが、毎日の生活習慣や家庭内での会話やその家の在り方などは、どんなに練習して面接用の家族像を作り上げたとしても、ふとした瞬間に普段の在り方が出てしまいます。嘘や偽りで塗り固めてしまっても、結局面接官には見破られてしまいます。もちろん学力と総合して合否は決定しますが、日頃の家庭内でのコミュニケーションの取り方は、その家が円満であるか、家庭内が円滑なのかを見極めるバロメーターにもなります。家庭内に不和が起こってそれが子供にも影響すれば、通っている学校にも当然波紋が及びますから、学校側ではしっかりチェックしたい重要項目の一つでもあるという訳です。

家族が仲が良い家庭は、何か温かい空気の様なオーラが優しく取り巻き包んでいます。普段から、忙しくてもなるべくお互いに気を配り、助け合い、そして子供にもしっかり目を向け、時に友達の様に、時に叱咤激励する人生の先輩の様に、上手に親としてのコミュニケーションを図る事が出来ています。何気ない日々の積み重ねがつもり積もって絶対的な信頼関係を築きあげる事が出来ます。自分達を信じて、真正面から面接に取り組みましょう。お子さんの発した言葉をくみ取り、しっかりフォローして上手に伝えたいことを話せれば、絶対合格するでしょう。何も特別な事をしなくても、日々の生活の中でしっかり親子関係の絆が育まれていれば、面接官もその道のプロですから、必ず好評価を得る事が出来るでしょう。小学校受験をすると決めたのであれば、大体遅くても一年前の秋口頃からそれに向かって取り組んでいるご家庭が大半を占めます。受験日は今まで積み上げてきた受験対策の日々のフィナーレでもあり、最後の打ち上げ花火です。

▲ ページトップへ