面接対策、両親がすべきこと
2016.12.02

subimg05小学校受験では子供だけが受験するのではありません。ここは両親も一緒に面接にいくのが条件のところが多いです。受かるためには子供の塾だけでなく親も面接対策をする必要がでてきます。子供と一緒に塾に通うの多くなります。受ける学校によって、対策も違ってきます。親と子供セットで、勉強はしていく必要があります。その中で、両親がすべきことは受ける学校を選んだ理由がきちんと言えるかです。それも両親そろって同じ意見になっているのかというのが重要です。そのためには、事前によく夫婦で話し合って、受ける理由を同じにしておく必要があります。面接での立ち居振る舞いも重要になってきます。完全にビジネスでの面接のようにはいかないですが、ある程度きちんとして行動をとっていべきです。

服装も正装で参加します。色は基本的には黒色になってきます。面接を受ける人の中にはこの色を選ぶ人も多いです。その中でも子供の個性を壊すことなく、良妻賢母のようなイメージを作っていくことが大事になってきます。夫婦で同じ価値観を持っているということきちんとアピールする事も大事になってきます。そのためには事前に打ち合わせを行っておく必要があります。大人だけの塾というのもあるので、そこでどういった受け答えが好印象を与えることができるのかというのは、練習しておく必要はあります。夫婦がそろって面接に出席するのであれば、ここに通うのも夫婦で通う必要はあります。自分たちの中では、丁寧語で話しておけば大丈夫という安心感もあります。実際には、子供との接し方、どういった理由でこの学校を選んだのかというのは大事になってきます。

子供の塾は一年以上かかって塾に頼りきることになります。今はこの教室があわないということになると、即座に変わっていく人も多くなっています。ここに大人も一緒に準備ができるのであれば、問題はないです。塾に通う日なかで、一番の学習方法を伝授してもらうのも親子で参加している特典になります。受ける学校によって、対策に違ってはきます。複数の小学校を受験するのであれば、理由などが間違わないように気を付けていきます。親子関係もみられるところもあるので、親子のコミュニケーションも豊富にしておきます。しつけの面でもきちんとルールが守れるかどうかというのは重要になってきます。テーブルマナーも必要な学校はあります。ここも親子できちんとしたテーブルマナーができるように練習はしておきます。

▲ ページトップへ